ジムスナイパーII(地上用ロールアウトカラー)制作中。

ジムスナイパー2を作ってます。というか、以前作ったものをシンナー風呂で塗料落として、関節とか塗り直すため接着してたとこ外して、後ハメに変えて再接着、で細かいとこいじって塗装中。

ホワイト・ディンゴ隊仕様というのが一般的ですが、同隊のジムやジムキャノンは青みがかったグレーに黒だし、ここはロールアウトカラーということで押したい。

f:id:toriatamasc:20220927212918j:image

バルカン砲は旧キットのマーク2のバルカンポッドを流用。アンテナは0.5ミリ真鍮線をぶっ刺す。
f:id:toriatamasc:20220927212928j:image

ガンダムやジムなどで白を使う時はだいたいちょっとだけ黒系混ぜて引き締める?のだが、MGのカラーレシピがそうなってたので、今回は100パー純白。

関節等はダークグレーを使用。

地上戦用の機体はマニピュレーターも含めてダークグレーと決めているのと、マニピュレーターはメンテしやすくするため機体共通、手甲もグレー塗装しちゃうのが俺の宇宙世紀設定。

 

RGゴッドガンダム製作(中断)中と墨入れの話。


f:id:toriatamasc:20220920205132j:image

大量生産されてガンプラファン?の溜飲を下げたRGゴッドガンダム、発売日に作り始めたんだけど仕上げで放置中。プレバンの拡張セットも来たのだけど…。


f:id:toriatamasc:20220920205330j:image

フレームをランナーの段階からガイアのスターブライトアイアンで塗装。スラスター系はスターブライトゴールド、人工筋肉っぽいチューブは水性のメタリックレッド、ところどころに新水性のシルバーで塗り分け。肩のアドバンスドジョイントの塗装はメタルプライマーが必要です。

RGに限らず成型色で行けるキットは、最近はメラミンスポンジ(激落ちくん)で擦ってちょっとつや消しして、あとでスプレー吹かないで済むようにしてます。パーツにヒケがある場合は1000番台の紙ヤスリで擦ってからメラミンスポンジでだいたい解決。


f:id:toriatamasc:20220920205824j:image

合わせ目消しはコアランダーの赤ウイングのみ必要。モンザレッドで塗って、スポンジで擦ってます。まだ擦りが足りない感。

 

スミ入れについて、定番のエナメルよりは、大抵は昔ガンプラの師匠に教わったマルチコピックライナーを使用することが多いのですが、


f:id:toriatamasc:20220920210947j:image

 

成型色で仕上げる場合はシャープペンシルが使えます。最近は0.2ミリがあるみたいで、お試しで購入。芯が折れやすいとかなく、普通に使えます。


f:id:toriatamasc:20220920211223j:image

あとはスミ入れとデカール貼りで本体は完成ですが、風雲再起も作らなきゃだし出来たら撮影もしないとだしタスクが溜まる一方...。

 

RGM-79R ジム・スナイパーカスタム(改)

 ■一年戦争において大量製造されたRGM-79を戦後有効活用するためのバージョンアップ計画、いわゆる「ジムII計画」の一環で改修されたRGM-79SC。元機体の武装・装備のアップデートに加え、RGM-79Rと同じジェネレータへの換装や全天周囲モニター・リニアシートの導入が行われており、総合的なスペックは通常のRGM-79Rを大きく上回る。ジムII計画で改修された機体は本機を含め複数種あるが、すべて同型の形式番号を持つ。

武装:L-3スナイパービームライフル/ダブルビームガン/ハイパーバズーカ/ボックスタイプ・ビームサーベルユニット

登場作品:オリジナル

続きを読む

新水性ホビーカラーのシルバーとゴールドがよいという話。

水性ホビーカラーが新しくなって結構経つんだけど、改めてその良さについて、いろいろあるんだけど、ここではメタリックなカラーの進化という点で。

旧シルバーとゴールドはこちら。これはこれで味はあるが、ザラザラ感は否めない。


f:id:toriatamasc:20220906185924j:image


f:id:toriatamasc:20220906185935j:image

新水性ホビーカラーのシルバー、ゴールド。はっきりいって全然違う。シルバーはもうこれだけでよい。ゴールドはMrカラーの感じに近くなった。(どちらも白下地だったはず)


f:id:toriatamasc:20220906190135j:image


f:id:toriatamasc:20220906190153j:image

塗る時の注意点として、塗ると粒のような気泡のようなものがポツっと、1パーツに1つくらいの割合で出るので、乾いたとこでデザインナイフ等で削って再度塗る。

 

ただ、ゴールドに関しては、色味が違うので、ガイアノーツのスターブライト系は欠かせない。劉備ユニコーンはスターブライトプラスで。
f:id:toriatamasc:20220906190537j:image

 

現在作成中のウォーロックイージスガンダムも、黒地にスターブライトプラスで塗装してます。


f:id:toriatamasc:20220906190824j:image

活動報告202208292347

「ブログはオワコン」という文言をちょくちょく見るようになり、しかしそれはある種の文化の退廃ではないかと思い、抗って行こうと。目標週一更新。

 

・楽しい新製品の話「スレッガー専用ジム」

映画ククルス・ドアンの島(未見)登場のスレッガージムが8月最終日にプレバン予約開始だということで、争奪戦に備えよう(5分くらい前から販売ページ更新繰り返し)。


f:id:toriatamasc:20220829230551j:image

(クリックしてもどこにも飛びません)

オリジンジムはMSD準拠だとフロントアーマーやスネはシンプルなジム・ナイトシーカーに合わせるべきでは?と思うのだが・・・。


f:id:toriatamasc:20220829230845j:image

ちなみにORIGINでは、セイラ専用機もある近接型や、ショルダーキャノンダブル装備の遠距離型とかあるみたいで、素のジムも出してもらって、このあたりも再現したくなるよね、ジム好きとしては。

モビルスーツが上に乗れるコア・ブースターも出て欲しいんだけど、出るとしたらその前に高機動型ザク祭りがありそう。

 

・現在製作中「ウォーロックイージスガンダム

先に出たナイトストライクはそれほどナイトガンダムしてないのだが、こちらはサタンガンダム過ぎて、直撃世代はたまらないのでは。
f:id:toriatamasc:20220829232746j:image

これに限った話ではないが某紙作例だと、「キットを2つ用意して」というのが個人的はあまり気に入らず。だって角なしの本体余らして何に使うの?とならないか?(個人の感想です)

f:id:toriatamasc:20220829232807j:image

いつも通り、おゆまるで左右の型をとって、左パーツは右の型に、右は左に、と反対にはめる。いつもは足もやるんだけど、あまり見えないので今回はそのままで。あ、写真ないけどマントの角も型とって埋めてます。

おゆまる使う時はパテをおゆまる側しっかり塗りつけるといい気がする。f:id:toriatamasc:20220829232820j:image

黒サフ塗り。キレイに作るのは難しいです。傷消しとか何度か必要。


f:id:toriatamasc:20220829233859j:image

金色はガイアのスターブライトプラス。1回とりあえず塗って様子を見てみたところ。

このあとは楽しくて辛い?塗り分け地獄に入る。

 

武者頑星刃

武者頑星刃(ガンセイバー)は、未来世界(G-ARMSワールド)から謎の事故に巻き込まれ、傷ついた体で天宮(武者ワールド)にやってきたガンセイヴァーZの復活した姿である。

登場作品:「SD戦国伝 伝説の大将軍編」

続きを読む