読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真田丸第十八話「上洛」感想。

歴史ネタ

大河ドラマは人の一生分くらい長い間の期間のドラマなので、人が変わっていくところ、衰えたり、成長したり、をもっと演出してもよいのではないか、と思っています。人ひとりがたった1つの「キャラ」で一生過ごすことはないのですから。

この回では、あれだけ謀略に奔走、奏功してきた真田昌幸の衰え(変化)、が見られました。秀吉に冷たくあしらわれ、最終的には争ってきた徳川の与力となる・・。この結果も含め、世の中の流れと、それによる人の変化を知ることができます。

ここから真田昌幸がどう描かれていくのか?が気になりましたね。